二交代の看護師の1日の働き方は?

二交代看護師求人TOP >> FAQ >> 二交代の看護師の1日の働き方は?

二交代の看護師の1日の働き方は?

看護師の一日に興味を持っている人も多いですよね。何時に出勤して、業務前にどのような準備をして、一日はどのように流れていくのか、帰りは何時ごろになるのか。そういった質問を良くネットでも見かけるという方が多いです。看護の仕事というのは毎日が同じということは無いです。急患がやってくるかもしれませんし、入院患者も毎日のように変わっていきます。ルーティンワークをしつつ、急に発生したトラブルや仕事をこなしていく一日となることが多いです。この忙しさやスケジュール管理の難しさが看護の仕事の大変な部分でもあります。

二交代制の一日の働き方としては、まずは睡眠が重要となってきます。「睡眠なんて仕事ではない」と思う方も多いですが、医療関係者にとって睡眠は非常に重要なものです。業務の最中に眠くなってしまうと集中力が途切れますし、命に係わる仕事なので、シャキっとしていないと重大なミスを犯してしまうこともあるかもしれません。そういったことが無いように、しっかり休息もとることが重要です。眠っていない医療関係者としっかり眠っている医療関係者だと仕事の質にも関係してくるので、まず看護師の一日はしっかりした睡眠から始まります。

二交代制の場合は夜勤になることも多いですし、労働時間も12時間を超えてきます。その時点でしっかり眠っていないと仕事が出来ないことは容易にわかりますよね。後は、その日のスケジュールによって働いていくだけです。基本的に病院内での勤務となるので、肉体的な苦痛を伴うことは少ないですが、精神的な疲労感に包まれることが多いです。

二交代制の一日は長いです。勤務時間中は常に入院患者の様子を気にしながら仕事をして、トラブルや急患が入ればすぐに対処。夜勤の場合は患者が眠っているので比較的安定した業務ができますが、病院によっては非常に多くの病気を抱えた患者もいます。そういった方のナースコールにすぐ対応できるように待機しておく心構えが必要となります。その業務を1時間また1時間とこなしていって看護師の一日は終わります。

求人などには基本的に仕事の苦労や苦痛は書きません。だからこそ、働いてからギャップを感じる方も多いです。それが原因で仕事を辞めてしまう方もいるのです。実際に自分もそういった状況に置かれる可能性があるということを留意して働くことが必要です。看護の一日はイメージだととても充実しているように思いますが、現場に入ってみると苦労の方が大きいことが分かります。一日をいかに安全に乗り切るか、それが医療の現場の仕事なのです。

二交代の看護師向けの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師求人<※二交代特集> All Rights Reserved.