看護師勤務、二交代と三交代はどっちがキツイ?

二交代看護師求人TOP >> FAQ >> 看護師勤務、二交代と三交代はどっちがキツイ?

看護師勤務、二交代と三交代はどっちがキツイ?

二交代と三交代という形式で看護の仕事は主に回っています。主に看護師が時間によって偏らないようにするためにこれらのスケジューリングは必要になってきます。そこでしばしば質問されることが多いのが、「二交代と三交代はどちらが大変なの?」ということです。基本的にどちらも大変です。それぞれのメリットがあって、それぞれのデメリットがあるので、その点を良く考えて自分の働き方の参考にしましょう。

まず、二交代のメリットですが、これはしっかり休めるということです。基本的に労働時間が長くなりやすいので、日勤か夜勤という二択になります。日勤の場合は普通に朝から晩まで仕事をして帰るというのが普通で、夜勤の場合は夜から夜中、朝にかけてまで働くことになります。夜型の生活に慣れている方にとってはまさに天職かもしれません。ただ、夜勤に関しては病院によりますが、月4回から6回程度が普通です。夜勤の次の日は休みになるので、基本的に身体の管理はしやすいです。

デメリットとしては、やはり労働時間が長いことですね。普通のサラリーマンの方などは一日8時間勤務が一般的です。現在は残業などが普通になっていて、サラリーマンの方でも一日12時間労働は普通になっている方も多いですが。看護師の場合もそういった長時間労働になることが多いです。普通に働いても身体への負担は大きくなってくるので、身体を壊すことに繋がることもあります。この点は良く求人などを見て、応募することが必要です。会社によっては二交代で16時間勤務になることなどがあるので。

一方三交代のメリットとしては、きっちり8時間労働が守られるということです。もちろん残業や仕事が残っている場合はそれを終わらせることが必要ですが、基本的に一日を三人でワンクールとして回すので、労働過多になることを防ぐことが出来ます。とはいっても、普通のサラリーマンの方などと同じ労働時間を医療の現場で働かなくてはならないので、肉体的にも精神的にも苦労が多い仕事となります。頑張れば頑張るほど給与が上がりますが、その前に耐えられなくてやめてしまう人も多いのです。

デメリットとしては、体調管理やスケジュールがめちゃくちゃになることが多いということです。簡単に言うとゆっくり休む暇がないというのがこの三交代の特徴です。例えば朝から8時間働いて帰宅し、すぐに働くということが多くなるのです。日中に働いて、夕方に帰宅して夜に休憩、その後深夜に再び仕事ということも多いです。こうなると身体の休息というのがなかなかできなくなり、それが負担になってさらに精神的にも疲れてしまう方が多いです。

二交代の看護師向けの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
ナースフル 無料 首都圏・関西・東海・九州 ☆☆☆☆☆ 詳細




Copyright (C) 2014 看護師求人<※二交代特集> All Rights Reserved.